レンタルサーバのサポート体制

サポート体制

レンタルサーバを選ぶ際にサポートってけっこう大事なんですよね〜

 

ただ単に
サポートと一口にいってもサポートが電話でしてくれるのか?

それともメールでのサポートなのか?
ではまったく違ってくるんです。

 

格安レンタルサーバでもサポートがしっかりしているところはかなりありますw
まずはサポートを何で行っているか確認するといでしょう。

 

メールは便利なのですが、返信してもらえるまでに時間がかかったり、埋もれてしまって解決までに時間がかかる な〜んて事も(涙)

 

それに、最近ではスパムメールなどが多い事から メールボックスでセキュリティ対策がされてた場合など うまく届いてるのかもしんぱいですよね^^;

 

FAXやチャットっていう手もありますが、うまく伝えられずストレスがたまることもしばしば><

 

一番いいのは、やっぱり電話でのサポートがあるかどうか? で選ぶことです。

 

電話サポートを受けるにしても、フリーダイヤルかそうでないかもけっこう重要!

 

遠距離だったりしたら、解決に時間がかかった場合、電話料金が高額になる事もありますから^^;

 

そうなってくると気軽にかけられませんよね?

 

電話サポートの場合では、フリーダイヤルが必須条件!!! 
って程でもないですがやっぱ、欲しいですよね〜

 

格安のレンタルサーバのサポートに関しては、サポートしてくれる時間も必ず調べるようにしておきましょう。

 

サポートに問い合わせをする時は、なるべく早く対応して欲しい時ですよね?

 

それが土日は ダメ だったり、平日日中だけしか対応してくれない。
って場合は電話すら出来ない時もあるかもしれませんから^^;

セキュリティインフラ

日本IBMは、TPM(Trusted Platform Module)セキュリティチップとネットワーク接続された外部の検証サーバを活用したセキュリティインフラストラクチャを開発し、産業技術総合研究所(AIST)と共同で実証実験を開始しました。

 

今回開発されたセキュリティインフラは、利用端末のソフトウェアのセキュリティ機能を拡張して、端末で起動されるすべてのソフトウェアの完全性を、安全性が高いハッシュ関数でTPMセキュリティチップに記録して、外部の検証サーバで照合するというものだそうです。

 

検証サーバとの照合で、ソフトウェアの改ざんやウイルス感染などの異常が検出された場合、利用端末をサービス提供サーバに接続できないようにします。

 

また、これまでのセキュリティソフトウェアでは検出が困難だったルートキットの検出も可能だそうです。

 

KNOPPIX Trusted Computing Geeks v1.0は、産業技術総合研究所が保守している Linuxディストリビューション KNOPPIX にトラステッドコンピューティング技術を活用した検証ソフトウェア Open Platform Trust Services を組み込んだものです。