初心者のレンタルサーバ選び

初心者のレンタルサーバ

けっこう安いレンタルサーバを選ぶ人のほとんどは初心者の方ではないでしょうか?

 

初心者の方が値段だけでレンタルサーバを選ぶのは少し危険かもしれません^^;

 

初心者の方が気をつけた方がいいかなぁって思えるところをピックアップしてみました。

 

それでは、レンタルサーバの選び方を紹介しますね^^

 

格安のレンタルサーバを初心者が選ぶ条件としては、やっぱ、第一に良質なサポート体制ですね。

 

これは初心者などのレンタルサーバを使ってホームページを作ることに慣れていない人の場合、色々なトラブルに遭遇する可能性があるからなんですよね^^;

 

レンタルサーバを使ってホームページを作ることに慣れている人っていうのは、多少はトラブルの解決方法を知っていると思うので大丈夫なんですが、初心者のように慣れていない場合は、ちょっとしたことで躓くことが、けっこうあるんですよね^^;

 

そんな時、遭遇しやすいトラブルをきちんと解決してくれるサポートを整えたレンタルサーバを選ぶことが大事です。

 

サポートフォーラムのような、掲示板を設置してくれてるレンタルサーバもオススメ
今、使ってる人の生の声が聞けますから(笑)

もちろん、その中にも助けてくれる人はかなりいますw

 

格安のレンタルサーバを選ぶ基準として、月額料金の安さやレンタルサーバーの機能を重視する人もいますが、トラブルをきちんと回避できて、もし、遭遇した場合にはきちんと解決できないと、いくら安くてたくさんの機能を持ったレンタルサーバを使っても、ホームページを公開することすらできないんですよね〜><

PHPとは

動的にWebページを生成するWebサーバの拡張機能の一つです。

 

そこで使われるスクリプト言語の事で、レイアウトの「雛形」となるHTMLファイル内に、処理内容を記述したスクリプトを埋め込んで、処理結果に応じて動的に文書を生成・送出することができます。

 

正式名称の「PHP: Hypertext Preprocessor」にもあるように、動的に生成されるページの作成に向いているんですよね^^

 

また、XMLのサポートや各種データベースとの連携に優れている点などから、最近ではけっこう有名!

 

プログラムの表記法はC言語、Java、Perlの各言語から転用したものがベースとなっていますが、PHP独自のものもあります。

 

言語仕様やプログラムはオープンソースソフトウェアとして無償で入手することができるのがいいですよねw

 

PHPはCommon Gateway Interface (CGI) をサポートしていて、CGIをサポートするWebサーバ上でPHPスクリプトを実行することができます。

 

PHPは、PHP4以降Zend Engineをスクリプト言語を処理するエンジンとして利用

 

PHPを動作させる方法には、実行ファイル形式(CGI / FastCGI)、モジュール形式(mod_php / ISAPI)があって、どの形式を使用するかはWebサーバーによって異なります。

 

たとえば、Apacheで動作させる場合はmod_phpを使用し、IISで動作させる場合はISAPIを使用し、lighttpdで動作させる場合はFastCGIを使用し、AN HTTPDで動作させる場合はCGIを使用する。

 

いずれも代表例であり、他の形式でも動作させることは可能なのですが、実例は少ないといえます。

 

PHPにおいては一般的に実行ファイル形式よりもモジュール形式の方が高速に動作するとされていますね^^