格安レンタルサーバを選ぶ際の注意点

レンタルサーバ選択

格安レンタルサーバを選ぶ際の注意点はいろいろありますが、どこを選べばいいのでしょう?

 

同じようなサービスに見えても、金額の開きがある!!!
どうして?

 

そもそも金額だけでレンタルサーバを選んでしまうと、後々痛い目に合うこともあります。

 

格安なんだけど、しっかりしたレンタルサーバーを選択出来るようにレンタルサーバについて知識を付けなくてはいけません。

 

レンタルサーバとは何か?っていうと、インターネット上でホームページの公開やメールの送受信を行うコンピュータの事で、簡単に言うと、ホームページの情報をインターネットの世界に公開する為に必要な情報の保管庫だったり、メールを送受信したりするために必要なポストのようなものをいうんです^^

 

レンタルサーバとは、そのサーバー若しくはサーバ容量の一部をレンタルするサービスで、ホスティングサービスという風に呼ばれます。

 

サーバを個人で運営することは大変なコストがかかります。
ってか知識がいります^^;

 

本来であればサーバを公開する為には、サーバ機器や接続回線を各自が自前で用意する必要があり、機器代や回線の維持費、専属のサーバ管理者の人件費や、多額の費用が必要となる上、セキュリティの面でも専門の知識が必要となります。

 

レンタルサーバであれば、レンタルサーバ事業者側が機器や回線、管理者を用意してくれるので、1台のサーバを複数の利用者で共有することで少ない費用負担でホームページの公開等が行うことが出来るのです。

 

とくに、アフィリエイトなどに使用したい場合は、リンクが切れたりすると、たまったものじゃありません><

 

商用 可、不可も選ぶポイントになってきますねw

ウェブサーバとは

一般にはサービス提供者が所有する1台のサーバ機を複数の利用者で使用するものが多いのですが、サービスによってはサーバ機一台を丸ごと占有できるものもあって、サーバ機をサービス提供者の所有ではなく利用者の所有としてデータセンターに設置し、通常の運用を委託するタイプもある。

 

基本的には、ホームページ公開用のウェブサーバとしての利用が多いが、データベースやグループウェアなどのウェブアプリケーションでの利用もけっこう多いですね(笑)

 

狭義のレンタルサーバは、ウェブサーバとしての利用に限定される場合がほとんどなんです。

 

ファイルサーバとしての利用であるアップローダとは区別されています。

 

ホスティングサーバは1台のサーバを複数の領域に分けて、多数のユーザーで共同利用されています。

 

個々にサーバを設置する場合に比べホスティングサーバを利用すると、管理業務の簡略化!!

 

多くの場合、メールアカウントの管理やログの確認、アクセス制限などといった日常的な管理作業をWeb上で設定できるツールが提供されるというメリットが!!