FXで稼ぐ

FXと外貨預金

株、投資信託、不動産…いろいろな投資がある中、今一番、注目を集め取引量が増えているのがFX(外国為替証拠金取引)です。

 

FXというのは、1998年に外為法が改正された事で生まれた取引で、それまで銀行にのみ許されていた外国為替の取引が、広く一般にも開放されたのです。

 

「為替」「外貨」と聞くと、すぐに「外貨預金」のことが頭に浮かぶという方もおられるかも知れませんが外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)は、似ているようでここまで違うのです。

 

外貨預金の場合はたとえば100万円を×▽銀行の口座に預けますと100万円分のドルを買う事が出来ます。

 

つまり、
日本にいながらドルの口座を持ち、値動きの変動を待つのですね。

 

そうして、1ドル110円だったものが、無事、1ドル111円になりましたら、そこでドルを売ります。

 

こうして差額の1ドル分(1%程度)の利益が生まれるという仕組みです。

 

一方でFXの場合はまずB証券に5万円を預けます。

 

すると、その5万円は担保として別に保管され、あなたには○○証券から「100万円の取引を行う権利」が与えられるのです。
そうして、100万円の範囲内で、円とドルの売買を行う事が出来ます。

 

つまり、
外貨預金の貯蓄性は無いのですが投資法として非常に気軽に始められるシステムなのです。


外国為替の取引

必然的に「自国通貨と外国通貨とを交換する」こととなり、その交換比率、すなわち外国為替相場が成立することになる。

 

外国為替資金特別会計法第1条により、政府の行う外国為替等
(外国為替及び外国貿易法(昭和24年法律第228号)

 

第6条第1項に規定する対外支払手段及び外貨証券並びに外貨債権
(外国において又は外貨をもつて支払を受けることができる債権をいう。)

 

リスク警告外国為替証拠金取引は、為替の変動によって大きな損失をこうむる可能性があり、元本や利益が保証されているものではありません。

 

お取引内容を十分ご理解いただいた上、ご自身の判断でお取引ください。

 

お取引いただく際にお預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額は大きくなります。

 

外国為替証拠金取引は、ハイリスク・ハイリターン型のサービスです。

 

安全なお取引のため、お取引になれていない方は10倍などの低いレバレッジ設定をお勧めいたします。

 

外国為替と外貨為替は等しい意味合いで用いられています。

 

つまり外国為替(FX)とはある国と他の国のお金を交換するという投資方法です。

 

比較的簡単でリスクの予想が可能な取引が外国為替(FX)なのです。

 

往復手数料は往復の取引にかかる手数料のことです。

 

取引手数料はFX業者によって異なります。

 

米ドルを1万通貨取引した場合には1万ドルつまり100万円分のFX取引となるので、3銭(1ドルあたりの手数料)×10,000ドル(1万通貨の取引)=300円1万通貨の米ドル/円を取引した場合、片道で300円の取引手数料が発生することになります。

 

往復手数料は、300円×2回の取引=600円ということになります。

 

レバレッジの倍率が1倍よりも10倍は利益が10倍、100倍に設定すると利益も100倍ということになるのです。