食卓にワインを

ワインの選び方

もっと気軽に、身近にワインを楽しむ。

 

いつもの、食卓にワインを取り入れてみませんか?^^

 

ワインを添えるだけで、夕食がちょっぴりゴージャスになっちゃいます。

 

なにも難しく考える事ありませんよ〜
簡単な知識でワインを身近に感じる事 間違いなしっ!!!

 

普通、ワインを! って考えた場合
ワインセラーが整ったワインアドバイザーかソムリエのいるショップで選ぶ ってのが理想なのですが そうもいきませんよね〜^^;

 

安いワインは、まずい?
いえいえ そんなことありません。

 

近くの酒屋で売っている、1000円以下のものでもおいしいものは沢山あります。

 

人それぞれ、好みがありますもんね^^

 

ちなみに、輸送費用は高いワインでも、安いワインでも同じなので、日本産や日本の大きな会社が作ってる箱ワインがオススメw

 

2000円以下のワインですと、白ならフランス産を、ヴィンテージ物は選ばない方がいいですね。

 

赤ならイタリア産w デイリーな食事によく合い濃い味付けの料理を中和してくれますw

 

ボルドーやブルゴーニュなどは、高級ワインの産地なので選ばないほうが無難ですね^^;

 

 

ちょっと、グラスにもこだわってみませんか?

 

おいしく飲むには、グラスが決め手!!!

 

ワインっていうのは、空気を含ませると、香りと味に深みがでます。

 

空気の触れやすい形をした大き目のグラスに注いで、まず香りを楽しみましょう^^

 

よくテレビなどで見ませんか?
グラスを回してる姿を そうする事によってさらに空気に触れて香りが引き立ちます。

ブランデーのように、包むように持つ人もいますが 必ず、グラスの脚を持って飲みましょう!!!

何を選ぶか迷う?

ワインってどれを選んだらいいのか?
って迷った場合、レストランなどで おいしい って思ったワインがあるのなら、お店に頼んでラベルを貰うようにします。

 

ワインのラベルって、いろんなことが書いてあるんですよね^^

 

地域、造り手、収穫年 など ワインのすべてが表記されてるといっても大げさではないかもしれません。

 

初心者が読むのは、ちょっと難しいかもしれませんが アルコール度数も一つの目安になる事を覚えておいてください。

 

10〜20%が普通で 13%を超えると、かなり強いんです。

 

逆に、もっと度数の低いものもあるので好みに合わせて選んでくださいw

 

未開封のワインの保存方法は

 

なるべく湿度が高く、気温の変化が激しくないところに保管しましょう。
半年以内に飲むのであれば冷蔵庫の野菜室がいいですね^^

 

長期保存は、あまりしないほうがいいのですが、新聞紙に包んで、暗い押入れに置くといいです。

 

ボジョレーヌーボーは、その年のうちか 遅くても翌年の2月くらいまでには飲みましょう。
1年以上経過すると、酢になっちゃいますよ(笑)

 

残ったワインは、しっかりして栓をして、冷蔵庫にいれ2.3日中には飲みきってください。

 

ボトル内の空気を抜いて真空にするポンプのようなものもあるので、コレはオススメw