ウコンサプリメントとは

ウコンの効能とサプリメント

健康増進に役に立つ成分としてウコンサプリメントを活用している人は少なくないようです。

実際、ウコンには色々な効果があります。

肝臓で胆汁を作る作用はウコンによって活性化させることができますので、ウコンのサプリメントは肝障害の改善効果があるといいます。

動物実験では、ウコンを用いることでガン抑制作用が認められており、皮膚や肺、大腸、前立腺のガンに効果があるとされています。

ウコンは体に溜まった有害な物質の排除や悪酔い対策に役立つとされていますが、それは肝臓の消化液胆汁を増やすことによります。

ビタミンE等に匹敵する強い抗酸化作用をウコンは持っているので、喫煙や老化に伴って増える遺伝子の障害を防ぐ効能もあるそうです。

また、ウコンには健胃作用があり、ピロリ菌などの働きを弱め、その他の細菌に対しても効果を及ぼします。

コレステロール値の改善効果も期待されているようです。

過酸化脂質を減らす作用もあり、動脈硬化を防いで成人病対策になるとも言われています。

日常生活で気になる効能がたくさんあるウコンですが、どのようにウコンサプリメントを摂取すれば良いのでしょうか。

ウコンの摂取によって肝臓機能の働きを高めたいという方には、秋ウコンがいいでしょう。

健康増進のため、内臓の働きを活発にしたいという場合は春ウコンがおすすめです。

ダイエットのためにウコン使う方や、体内の毒素排出やコレステロールが気になるという場合は紫ウコンのサプリメントが適切です。

ウコンサプリメントとは

サプリメントでウコンを摂取している人は意外と多いようです。

人気のウコンとはどのような成分なのでしょうか?

ショウガ科の多年草として古くから知られている植物がウコンであり、色々な品種があります。

寒さに弱いウコンは、日本では沖縄県と鹿児島県のごく一部を除いて自生している所は少ないようです。

肝臓の耐性をあげる作用があると沖縄では言われており、ウコンを民間で用いる薬草としてウコン茶を作ったり、粉末を料理に用いたりしていました。

健康に役立つウコンはサプリメントとしても重用されています。

肝機能を高める効果や、二日酔いの症状緩和に役立つ成分として、ウコンはサプリメントとして活用されています。

ダイエットにいい食材としてTVなどでウコンがクロースアップされたこともあります。

健康的なダイエットを目指してウコンサプリメントを愛用しているという方もいます。

紫ウコン、春ウコン、秋ウコンと3種のウコンが日本国内ではよく使われているようです。

いずれもゴツゴツした根茎の形が似ていますが、これら3つのウコンを区別する為に俗称としてウコンと呼んでいるだけで、春ウコンと紫ウコンは別の植物になります。

どのウコンサプリメントもすごいパワーを秘めていますので、ウコンサプリメントを上手に活用して健康維持に役立ててください。