ダイエットに効果的なエクササイズ

エクササイズダイエット

ダイエットって、エクササイズがけっこう有効なんですよね〜^^

 

食事制限だけだと、体の組織が劣化して非常に体に悪いダイエットになってしまうんです。

 

でも
エクササイズをすることで筋肉が劣化せずに、骨もしっかりしてきて、健康的にダイエットができちゃいます。

 

ダイエットに適したエクササイズってどうしたら良いと思いますか?

 

ポイントとしては、「大きな筋肉」と、「回数」の2つなんです。

 

▼大きな筋肉
筋肉を付けると、脂肪燃焼を促進してくれます。

人の筋肉で、大腿筋、背筋、大胸筋 この3つに注目!!

 

この筋肉を鍛えるコトが、もっとも効果的w

 

・ 大腿筋
人の体の筋肉で一番大きな筋肉が、この大腿筋です。

大腿筋を鍛えるには、スクワットです。

 

・ 背筋
背筋も、とても大きな筋肉です。

背筋を鍛えるには、デッドリフトです。

 

・ 大胸筋
大胸筋も、とても大きな筋肉です。

大胸筋を鍛えるには、ベンチプレスです。

 

▼ダイエットに最適な筋トレは、20 回を3セット行いましょう。
軽い負荷で繰り返し行うことが、脂肪燃焼に効果的なんですよね^^

 

エクササイズでの、負荷は 軽いかなぁ〜 って思うくらいが丁度いいんです。

 

筋肉の肥大の影響が少なくて、筋肉モリモリになってしまうということがないからです♪

スポンサードリンク

ダイエットとトレーニングの関係

筋力トレーニングとは、ある骨格筋の能力の維持向上あるいは肥大を目的としたトレーニングです。

 

近代スポーツにおいて筋力トレーニングは不可欠であり、筋力トレーニングによって培ったパワーが無ければ、競技会で好成績を収める事は不可能と言えます。

 

トップクラスのスポーツ選手が筋力を求めている証拠として、最近のスポーツ界では、筋肉増強剤によるドーピングってのを聞きますねぇ^^;

 

日本のスポーツ界で最近まで、「日本人の筋肉アレルギー」と揶揄されるように、筋力トレーニングを導入する事に抵抗を感じるスポーツの指導者が多かった。

 

海外のスポーツ選手のなかには、練習内容の半分以上を筋力トレーニングが占める者も珍しくなく、日本人スポーツ選手も科学的な筋力トレーニングを導入する傾向にある。

 

でも、1928年のサンモリッツでのオリンピック(委員会が集まって第一回スポーツ医学国際会議が計画された)まではスポーツ医学という用語はまだ存在していなかった。

 

明らかなのは、当時からスポーツ医学は、単に負傷を治療するだけではなく、スポーツ選手を指導し調整することも含めた、複合的な課題であったということです。

 

スポーツ医学は常に定義することが難しいですね^^;

 

スポーツ医学の役割は、単に治療とリハビリだけではなく、予防も含んでいます。

 

このように広い範囲であるにもかかわらず、多くの人にとっては、スポーツに関連して起きる問題は筋肉と骨の関係であって、スポーツ医学では整形外科であるって考えも?!?

 

スポーツ医学は一連の専門分野〜心臓学、整形外科、生体力学、外傷学(traumatology)なども包含することがある。

 

この団体の主な役割の一つは、カナダのスポーツ選手に専門的なケアを提供することでした。

 

ケネディはスポーツ医学の研究への関心を高めてもらうよう活動し、西オンタリオ大学とオンタリオのロンドンは、スポーツ医学で知られることとなりましたね。

 

整形外科医でミシガン州の予防医学研究所所長であるデイビッド・ジャンダによれば、予防がスポーツ医学の最後のフロンティアなんです。

関連情報