キャベツとダイエットの関係

キャベツダイエット

キャベツといえば、葉っぱが柔らかく癖のない味なので、多くの料理に使われてる万能的な野菜ですよね〜^^

 

千切り繊切りにしてトンカツなどの付け合わせにしたり、甘辛のみそをつけたりして食べるとおいしいw

 

水に浸しておくと水分を吸収して膨張するため量が増えて、みずみずしさを保つ利点があるのですが、ビタミンCなど水溶性の栄養素は減少するんですよね^^;
脂で炒めると甘味が引き出されます。

 

キャベツに含まれる成分を抽出した栄養ドリンクや、キャベツから抽出されたビタミンUを利用したキャベジンなどの胃腸薬もしられてますね。

 

ところで、キャベツダイエットって知っていますか?
時々、ほんとうにキャベツだけを食べてダイエットしようとする人がいますよね^^;

もちろん、 ダメ!!! それでは栄養バランスが崩れてしまいます。

 

ダイエットというよりは断食に近いものになってしまいますね^^;

 

キャベツダイエットって言うのは、パンやご飯などの炭水化物の代わりに千切りやザク切りにしたキャベツを食べましょうって言うものなんです。

 

レタスなどの他の葉野菜でもいいですねw 
嗜好さえあえばダイエットにとても有効な方法です。

 

ただし、キャベツ等を食べる際に油をたくさん使ったドレッシングなどを使うのは無意味です。

 

また、おかずを少なくしすぎてキャベツ断食にならないようにも注意が必要!

 

キャベツはそのほとんどが水分と食物繊維ですから、煮ても焼いてもダイエットをサポートするヘルシー食材なんですよね^^

 

品種を変えればほぼ一年中手に入りますので冷蔵庫に常備して、日々の料理に積極的に利用するとよいです♪

 

キャベツを使えば使うほど、カロリー控えめのヘルシー料理になります。

 

食前に一定量のキャベツを食べることにより咀嚼の回数を増やし満腹中枢を刺激することで、その後の食事量が少なくても満腹感を得られるようにすることが出来るんです。

 

満腹感が得られてもキャベツが中心では気分的に満足できないかもしれませんよね?
その辺は自分でコントロールできるように頑張ってみましょう。

スポンサードリンク

食物繊維が豊富

食物繊維とは、人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称なんです。

 

ヒトの消化管は自力ではデンプンやグリコーゲン以外の多くの多糖類を消化できないが、大腸内の腸内細菌が嫌気発酵することによって、一部が酪酸やプロピオン酸のような短鎖脂肪酸に変換されてエネルギー源として吸収されます。

 

大腸の機能は食物繊維の存在を前提としたものであり、これの不足は大腸の機能不全につながることになる。

 

食物繊維の効果は、熟した果物などに含まれている水溶性食物繊維は、食後の血糖値の急激な上昇を防いだり、コレステロールの吸収を抑制したりします。

 

野菜や穀類、豆類等に含まれている不溶性食物繊維は、大腸の働きを促し、がんの予防効果を期待するという説も!?!

 

認可された食物繊維の多い食品には、排便回数や排便量が増加し、軟便として改善されたという研究結果が多いらしですね。

 

肉食が多いほど、また食物繊維の摂取が不足するほど、大腸癌のリスクも増加すると言われています。

 

ただ、最近では食物繊維の摂取量と大腸癌発生リスクとの間には特に関係がないという意見もあるんですよね〜(ドッチダヨッ

 

世界がん研究基金とアメリカがん研究協会によって7000以上の研究から分析したがん予防の報告書では、結腸や直腸のがんとの関連がありうるとしている。

 

SDFが効果的、SDFは食物コレステロールの吸収抑制、コレステロールの異化・代謝・排泄の促進、胆汁酸の回腸からの再吸収阻害による代謝・排泄の促進など!

 

SDFは体内で高い粘性を有するため、十二指腸や空腸の内容物の拡散速度と移動速度を遅くし、グルコースの吸収を緩慢にして血糖値の上昇を抑えます。

 

そして発ガン性物質の腸内での濃度を下げ、発ガン性物質が腸管と接触する時間を短くする。

 

SDFは腸内発酵して短鎖脂肪酸や乳酸を生成、ダイオキシン類の排出もw