食事制限によるダイエットでおこるリバウンド

健康の為のダイエット食

ダイエットの為の食事って言うと、なんだか特別なことをやらなければいけないような・・・ 辛い食事制限をしなければならないような・・・

な〜んてイメージがありますよね〜(笑)

だいたい、ダイエットのための食事を決める時に、健康じゃなくなってしまっては意味がありません^^;

身体に負担がかかりすぎるような食事を減らすダイエットってダメなんですよね。

油の多いような食事を避けたりだとか、ストレスを食事で発散させたりしないように日常的に心がけるくらいでいいんですw

ストレスが溜まってしまった時でも、勢いで食べ過ぎないだとか、砂糖や油脂たっぷりの食事を控えるようなごく普通のコトが大切なんですよね〜^^

ダイエットをすることによってカラダをダメにしてしまったり、精神的に追い詰められるような状況になっては、いいと思ってはじめたダイエットも意味ないし・・・

今、自分がやってるダイエットって、それが本当に体重を減らすために適正なものかどうか? 体を痛めたり心が折れたりする前によく考えたほうがいいですね^^;

食事を制限するようなダイエットって、減量方法の中でもいちばん過酷らしいですね〜

もし、栄養失調や脱水症状などで体調を崩してしまった時に困るのはけっきょく自分ですもんね><

ダイエットが目的で食事を減らす時っていうのは、健康状態をキープできるように頭に入れておきましょう

食事ってカラダを作るための源のようなもの! ダイエットをしている時でも食事からの栄養を取ることは忘れてはいけないでしょう。

ダイエット中や他のことをしている時も、健康のコトを気にかけるように心がけるとイイですね♪

食事制限によるダイエットでおこるリバウンド

リバウンドが起きやすいダイエットは、絶食や食事を減らすダイエットなどです。

健康ブーム、ダイエットブームが続く中、新しいダイエットが続々と編み出されています。

一品置き換えダイエットは1回の食事を単品の食材にすることでダイエット効果を期待するもので、キャベツやリンゴなどが代表格といえます。

このダイエットは、ローカロリー食材を1回の食事にするダイエット方法です。

単品ダイエットによく似たダイエット方法には、1つの食材を摂取しないという、炭水化物抜きダイエット等が存在しています。

食事制限を設けて行うダイエット方法の場合、ダイエットに成功してダイエットを止めてしまった時が要注意です。

しばらく空腹に耐えていた反動から、ダイエット終了と同時に食べたいものを食べたいだけ食べていると、体重は瞬時に元通りです。

また、ダイエットをしていると、途中で停滞期と呼ばれる、思うように体重が減らない時期に突入してしまうことがあるんです。

これは急激な体の変化に体が危険を感じ、体に栄養を蓄えようとしておこることと考えられています。

停滞期には、思うように体重が減らないことからダイエットを挫折してしまう人が多いみたいですね^^;

きついダイエットをやめた解放感や蓄積したストレスの反動がリバウンドの原動力となり、際限なく大食いをしてしまうということがあるのです。

また、この時リバウンドを起こすと体は太りやすい体質になり、以後の食事制限ダイエットが思うようにいかないこともあります。

ダイエット食で健康にも気をつかいたい♪エントリー